猫の健康を考えて選びたいカナガンキャットフード

猫に与えてはいけない食材は?

猫に与えてはいけない食材は、多くの愛猫家の方がご存知のものから、まだ浸透していないものまで様々です。
ここでは、猫(犬もほぼ同様ですが)に与えてはいけない食材を挙げておきます。

要注意食材(重篤な症状や死の恐れもある危険な食材です)

 ・玉ねぎ、長ネギ、ニラなどのネギ類
 ・チョコレートやココアなどのカカオ類
 ・レーズン、ぶどう
 ・マカデミアンナッツ
 ・キシリトール配合食品

ネギやチョコレートは、危険な食材として有名ですが、
最近では、人間用のサプリメントやキシリトール配合食品(ガムや飴など)の誤食・誤飲による事故が増えています。
比較的、歴史が新しい甘味料等には注意が必要です。
(基本的に人間と同じものを与えるのは、リスクがある−という認識でお願いします)

 

注意食材(量や状況により危険な食材です)

 ・にんにく、ガーリックパウダー等
 ・アワビ、トリガイ、サザエ、トコブシ
 ・スルメ
 ・生の豚肉
 ・鶏や鯛などの硬い骨
 ・アルコール
 ・カフェイン(お茶、コーヒー、コーラなどに)
 ・野生のきのこ

要注意食材には無かった、思わず猫ちゃんにあげちゃいそうな食材が出てくるのがこの注意食材です。
アワビやトリガイなどの貝類やスルメ、そして鶏や鯛などの硬めの骨は、むしろ好きそうな雰囲気さえありますよね。
好事魔多し。
要注意よりも、注意が必要なものたちかも知れません。

 

その他の注意食材

 ・トウモロコシ、ナッツ類、こんにゃくなど(消化不良)
 ・生卵(白身部分)
 ・イカ、タコ、貝類、甲殻類、淡水魚(すべて生の場合)
 ・野菜類、おから
 ・レバー
 ・青身の魚(サバ、イワシ、アジ等)
 ・牛乳(体質により下痢など)※あげないほうが無難
 ・煮干し、海苔、鰹節、ミネラルウォーター
 (マグネシウムの過剰摂取による結石を予防するため)

最後に挙げたその他の注意食材の中にも、ドキッとするような食材がちらほら出て来ますね。
すべて人間用だったり、生では食べさせないようなものばかりですが、注意が必要です。

 

しっかり管理してちょ〜だいにゃん♪

 

 

上記を踏まえた上で、安心、安全なフードを選んでくださいね。
世界中の愛猫家から支持される、イギリス産キャットフード『カナガン』



 
トップページ キャットフード比較 口コミ・評判 よくある質問