猫の健康を考えて選びたいカナガンキャットフード

そのアレルギー...もしかしたら毎日の食事が原因かも!?

人間同様、猫の世界にも食品アレルギーを抱えている子も居ます。

 

もし、以下の様な症状が見て取れたら獣医さんに相談、
または、毎日の食事を見直す必要があるかも知れません。

  • 下痢や嘔吐
  • おなかが鳴る・張る
  • 全身のかゆみ
  • 引っ掻き傷や脱毛
  • 発熱
  • 膿皮症の併発
  • 外耳炎

 

「あ、うちの子もそうかも・・・」

 

そう感じたなら、このまま読み進めてくださいね。

 

また、今は出ていないだけかも知れません。

 

予備知識として知っておくことは、後に有効となりますから、
気になる方は、少しお時間をいただければ幸いです。

食品アレルギーの原因として考えられる食材

ここでは、猫ちゃんの食品アレルギーの原因として考えられる食材を挙げてみようと思います。

 

なお、与えてはいけない食材と被る部分もありますので、
猫に与えない方がよい食材一覧は、猫に与えてはいけない食材をご確認ください。

 

小麦やとうもろこしなどの穀類

当サイトでも度々取り上げていますが、小麦やとうもろこしなどの穀類は、
本来肉食である猫ちゃんにとって、不必要な食材です。

 

直接的に猫ちゃんの健康に害を与える場合は稀ですが、
間接的には全ての猫ちゃんがあまりよろしくない影響を受けていること
を覚えておいてください。

 

 

牛乳

TVドラマや漫画の影響もあるでしょうが、特に子猫へ牛乳を与えることがあります。
ですが、牛乳もアレルギーの原因となる食材です。

 

 

その他の食材

これは、もう、人間同様に千差万別。

 

青みの魚(サバ、イワシ、アジなど)は、避けた方が無難ですし、(知ってましたか?)
珍しいところでは、鶏アレルギーという猫ちゃんも居るようです。

 


アレルギーのことまで考えられたキャットフードは少ないです

アレルギー原因物質を抑えたキャットフードは、実はあまり多くありません。

 

カナガンやシンプリーのようなフード、
アレルギーのことも考えられたキャットフードは、とても少ないのが現状です。

 

 

そもそも、小麦やとうもろこしなどの穀物は、
一般的なキャットフードを組成する一番大きな要素だったりします。

 

この点は、カナガンやシンプリーのお陰で、
ペット文化後進国である日本でも知られてきましたね。

 

愛猫や愛犬が病気になったりすると、
会社を休むなんてことも、それほど珍しいことではなくなりました。

 

 

家族の健康を考えるのは、当然のことですね。^^;

 

 

 

 

 

 

健康、長寿は毎日の食事が基本です。少しだけ猫ちゃんの食事について考えていただけたら幸いです。

 

 

世界中の愛猫家から支持される、イギリス産キャットフード『カナガン』



 

シンプリーキャットフード




 
トップページ キャットフード比較 口コミ・評判 よくある質問