猫の健康を考えて選びたいカナガンキャットフード

子猫の食事−注意すべきこと

子猫の食事には気を使います。
初めて子猫を飼育するとなると、何をどうしたらいいのか?分からない方も多いと思います。

 

生後3週目ころから、子猫には歯が生え始めます。
ですから、何週目かすら分からない、
例えば子猫を保護した場合などは歯の様子などを確認してください。

 

ペットショップなどで売られている子猫、
また、譲渡会や親猫を飼育されている方から譲り受ける場合は、
この期間は既に経過しているのが一般的です。

 

ですから、総合栄養食、いわゆるキャットフードをいきなり与えても大丈夫です。

 

但し、子猫にフードを与える際にはいくつかの注意点があります。

 

  • 8週目(生後2ヶ月程度)まではお湯・ミルクで柔らかくしたフードを与えます。
  • 新鮮なお水をボウルなどに用意し、いつもフードの隣りに置いておきます。
  • 成猫よりもたくさんのカロリーを必要とする点に注意。(1年未満の子猫)

 

注意点の中に成猫よりもたくさんのカロリーを必要とする・・という点があることに驚いた方も居られるかも知れません。

 

実際、体に対して考えると、多めであることは間違いありません。
詳細は、カナガンキャットフード給餌量をご確認ください。

 

また、成長期の前段階でもあり、体を形成する大事な時期です。
アレルギーを起こす物質や添加物といった問題にも、注意して欲しいと思います。

カナガンキャットフードは子猫に与えても大丈夫?

答えはもちろん、YESです。
カナガンキャットフードは、子猫から老猫まで全猫種、全年齢に適しています。

 

キャットフードによっては、カロリーが足りない、
アレルギーの原因となる物質を使っている、
子猫には食べにくい・・・といったフードが存在することも確かです。

 

子猫専用のキャットフードを与えるか、
カナガンキャットフードを選ぶようにすれば問題はありません。

 

当サイト及び関連サイトで、
カナガンキャットフードと人気を二分するシンプリーキャットフードについては、
10ヶ月未満の子猫ちゃんへは与えない方が無難です。

 

詳しくはカナガンVSシンプリーキャットフード比較をご覧ください。

 

子猫(10ヶ月未満)には与えない方が良いことは、
低カロリーを売りにしているシンプリーの唯一の弱点かも知れません。

 


子猫にはやはりカナガンキャットフードがお勧めですね。
世界中の愛猫家から支持される、イギリス産キャットフード『カナガン』



 
トップページ キャットフード比較 口コミ・評判 よくある質問